プロジェクト

スポーツ育成事業

サイレントリーグ

主役であるはずの子供が、脇役になっていませんか?

エトラサイレントリーグは、子供たちが運営する大会です。「自分たちで出来ることは、なんでも全部やる」。荷物を置く場所はもちろん、メンバーの決定や選手交代、時間の管理や後片づけもすべてです。大会期間中は、相手チームとのトラブルや、仲間との対立が起こっても、解決しなければならないのは子供たち自身です。みんなで協力し合い、様々な困難を乗り越えながら進んでいくのが、エトラサイレントリーグです。

【サイレントリーグの約束】

 

子供は「全員が出場し、みんなで運営する」
大人は「口出しせず子供の決断を尊重する」

これがサイレントリーグの約束です。

 

保護者のみなさまへ

 

結果がどのようなものであっても「言いたい一言」を我慢してあげて下さい。保護者の言葉や態度は、お子さまの未来に大きな影響力をもっています。たった一言で救われることもあれば、不安の淵へ陥れることもあります。

大人の寛容でポジティブな振る舞いは、お子さまに勇気と自信を与え、未来への希望を育むことができるはずです。

第1回エトラサイレントリーグ>>
第1回エトラサイレントリーグ動画>>

PAGE TOP