MENU
今久保 隆博
Asian LABO代表
奈良県出身のサッカーの指導者。24歳から20年間名古屋グランパスエイトで、育成年代からトップチームまで全てのカテゴリーの指導を経験。独立後はフリーランスとして活動し、日本と中国でクラブ運営、指導者育成に携わる。2019年にAsianLABOを愛知県岡崎市に設立。2020年よりスクール運営やイベント企画など、青少年育成事業、社会教育活動を本格的に開始。

ゴールキーパースクール G LABO

基礎と基本の徹底

G LABOでは、足りないスキルを訓練するより、ゴールキーパーとして真に必要な技術の基礎と基本に重点をおいた指導を行います。

ジュニア年代の多くのゴールキーパーは、普段のトレーニングで専門的な指導を受けられる環境にありません。なので、ゴール前に立ちキーパーとしての存在を示したくても、本人の気持ちは複雑ではないでしょうか。

ゴールキーパーというポジションが好きだけれど、上手く振る舞えずチームメイトから小言を言われることもあるはずです。

Asian LABOはそんな子どもたちの悩みを解消すべく、2020年に愛知県三河地域にゴールキーパースクールG LABOを創設しました。


確かなブランド

回を重ねるごとに子どもたちの表情が変わってくるのが分かります。

自信なさげにボールをキャッチしていた最初の頃と比べ、ゴールキーパーとしての、自覚を感じさせる顔つきに変化してきました。

G LABOのトレーニングに参加することで、確実に技術的な向上が見られます。しかし、月に一度のトレーニングだけで選手の実力がこれほど高まるとは思えません。この変化の理由はG LABOのスタッフの指導にあります。

技術的なトレーニングだけではなく、G LABOスタッフはゴールキーパーとしての振る舞い方や心得など、メンタル的ケアにも気を配って指導しています。

この指導おかげで選手たちは、自分のチームでもG LABOで学んだ大切なことを反復し、そしてそれを修正する習慣を身につけ始めています。


ゴールキーパーの魅力

サッカーの試合で唯一手を使うことができて、ユニフォームもフィールドの選手とは違い、存在感はバツグンのゴールキーパー。

代えが効かないポジションでもあるゴールキーパーが、ゴール前でたった一人で相手選手へ立ち向かう姿はとてもかっこよく見えます。

G LABOは今後もこの地域の子どもたちのレベルアップを叶えるため、指導していきたいと思います。

今はまだ自信がなくても、コツコツと積み上げていけばもっと成長できるはずです。いつかゴール前に立ち、勇敢に相手選手へ向かっていく姿を、一緒に手に入れましょう。


G LABOご予約