活動報告

サイレントリーグ

サイレントリーグ・オブ・ラグビー【主催者インタビュー】

The Ants GM 上田恭平氏インタビュー

5月23日滋賀県草津市三ツ池グランドで初開催となった、サイレントリーグ・オブ・ラグビー。この大会を運営されたThe Ants Rugby club GMの上田氏に話しを聞きました。

口調は穏やかながら、いまの青少年のスポーツ環境を深く分析し、未来の姿をイメージできる心眼にあらためて、敬意を表します。今回のインタビューの内容は、ジュニア年代のラグビーだけではなく、全てのスポーツ分野において参考になるはずです。

3チームが参加のサイレントリーグ

Q いい雰囲気で試合が進んでいますが、試合をする子どもたちの様子で普段との違いはありますか?

GM 僕もそれを考えていたんですけど、今日は子どもたちの試合中の会話の量が驚くほど多いです。子どもたちが話している内容も、より具体的だし、これまで僕たちが聞くことがなかったような会話の内容が多いですね。

ふだん子どもたちが掛け合ってる言葉って、もしかしたら、指導者が発する「次は○○するぞ」とか「もっと○○して行こう」という言葉を、追随している言葉なのかなって考えているところでした。だから、もしかしたら子どもたちが、その場で気付いたことがあって、何かを伝えようとしていても、指導者の声が先回りして、子どもたちに言えなくさせていたんじゃないかと思います。

今もね、子どもたちがちょっとした隙間時間に話している会話の内容は、今まであまり聞くことがなかったですね。

Q では、普段の練習で学んだことは、どれくらい試合に反映されていますか?

GM 練習や試合では、僕たちの指示のもと、子どもたちがその通りに動こうとしてくれるので、繰り返し行うことで、その決まった形の成功が積み上がれば、すっかり出来ているように勘違いしていたかもしれないですね。

今日みたいに指示がないと、理解できていない部分が多いということもよく見えるし、逆にここは理解できてたのか、ということがよく分かりました。マスターできただろうと安心しきっていた部分が、今日は完全に抜け落ちてしまっています。そういうことが分かっただけでも、サイレントリーグを開催した価値があったと思います。

指導者の気づき

Q その他になにか新しい発見はありましたか?

GM 良かれと思って、言ってたことが、子どもたちには全然ひびかないってことを以前から、うすうす感じてました。

今日も、僕たちが問題と思っていたことが、子どもたちには問題でなかったり、逆にこちらが大丈夫と思っていたことが、じつは子どもたちには、けっこうな問題なんじゃないかというのが見えてきています。だから、普段の活動で子どもたち自身が課題だと感じていないことに対してアプローチしても、「へー」って思うだけで、結局はやらせるだけの指導につながってたんだろうなって思います。

Q つまり、指導者がこうでなきゃいけないって考えていることに対して、子どもたちについてこさせているということでしょうか?

GM そう思います。僕たち指導者は、もっと子どもたちの目線で考え「こういうふうにしたい」とか「こういうふうになりたい」という思いに寄り添ってあげたほうが良いんだろうなって思います。こんなふうに考えたことは、正直今までなかったですね。

こうして少し離れた位置から、子どもたちを観察することは、指導者と子どもの間にあるギャップを埋めるために、普段の活動を考え直す良いきっかけ作りになると思います。

子どもの思いを探る問いかけ

Q よく見ると、いろんなプレーをしていますね。ステップを踏み変えて相手をかわしたり、パスを出すふりをするフェイントなんかも、バリエーションが豊富で、それにチャレンジする子どもたちの躍動感を感じます。

GM ラグビーワールドカップが開催され、トップレベルの選手のプレーを映像で見るようになってから、いろんなパスの出し方や、プレーを子どもたちの試合で見られるようになりました。それは子どもたちが映像で見てイメージできたからこそ、自分もやってみたいという気持ちが自然に湧いてきたからだと思います。

Q 最近、子どもたちが使う技術に制限をかけるチームもあると聞きましたが。

GM 子どもたちがやってみたくて、チャレンジしてみたものの、それはやったらダメと指導者が言えば、子どもたちはやらなくなってしまいますよね。遊び感覚で自由にやれる年代だと思うので、映像などを見てやってみたいと思ったプレーは、どんどんチャレンジすればいいと思います。

正確にできていないことが多いですけど、そんなことより、まずやってみる、そして出来るようになるために自分で工夫してみることが重要だと思います。

失敗と成功の本質

Q 結果がうまくいかなかったり失敗したとき、どのように対処していますか?

GM 例えば、パスをするとき、そこに居るだろうと判断して、見ずにパスをして失敗する子も中にはいます。そんな時、「ちゃんと見てパスをしろ!」というアプローチの仕方が、一般的だと思いますが、アンツでは「なんでそこに投げたん?」という感じで、問うようにしています。もしかしたら僕たちが思いもしなかった理由が、そのパスに込められている可能性があることも、考慮するようにしています。とにかく、失敗やミスに対して否定から入らないことが大切かと。

私たち大人(指導者や保護者)は、どうも短期間で成功が欲しいという思いが強くなってしまいがちです。それは知らずのうちに、練習の細かな部分にも現れていて、成功させるためだけの部分にフォーカスされているような気がします。成功できたから(あるいは成功したように見えたから)それでよし、じゃあ次!みたいな感じで積み上げてる感を作って、習得できたと思い込んでいる、あるいはそう思わせているところがあるように思いますね。

それでも良ければ、仲間になってください

Q 試合で成績を出すことも必要なことですか?

GM 強いチームやからこそ、人が入ってくるみたいなところは、どのスポーツ分野でもあると思いますよ。でもね、僕たちアンツの活動に参加してもらうとき、保護者の人に「僕たちの練習はこういうやり方で、こういう共通の考え方で指導してます。それでもよかったら是非、仲間になってください」。そう伝えるようにしているんですよ。

そういった考えに賛同してくれた人たちに囲まれて活動できることは、喜びを感じるし、とてもやりやすさを実感することができます。

活きた声

Q いまも子どもたちの活気ある声が聞こえますね。

GM 子どもたちの工夫が感じられる言葉だと思います。まだまだ未熟なんでしょうけど、いろんなことを考えながら、その思いをなんとか仲間に伝えようとして、言葉に出して表現していると思います。

Q 響きわたる子どもたちの声って、なんだか心地いいですね

GM これこそが「活きた声」で、私たち大人目線から子どもたちへ与えられたものでないことは確かです。自分の思いをどんどん伝えるこの習慣は、必ず役にたつでしょうし、次のカテゴリーやステージへ行ったときも変わらないでしょう。

とにかくこのサイレントリーグは、想像以上のものをもたらしてくれそうな気がします。子どもたちの実際の様子を見ながら、その場で指導者どうしが話し合えるような研修会があってもいいと思いました。次は9月の開催を目指し、また準備したいと思います!

すべての子どもたちへ

今回、サイレントリーグ・オブ・ラグビーを視察し、また新たな価値観を与えてもらいました。お話を伺った上田GMは穏和で、とても整理されている考え方持っている方でした。いまの子どもたちのスポーツ環境を深く分析し、第一歩を踏み出された勇気ある行動に敬意を表します。

ラグビー、サッカーと開催されたサイレントリーグが、これから日本全国で多くの子どもたちの、新しいスポーツの楽しみ方として広がっていくことを願っています。

PAGE TOP